話題のノンシリコンシャンプーを選ぶ時は要注意!「ノンシリコン」だから良いわけではない

ここ数年で注目されるようになってきたノンシリコンシャンプー。はじめは、専門家など一部の間で話題になっていた程度でしたが、最近では、毎日のようにテレビCMを見ますし、雑誌を見たらノンシリコンシャンプーをオススメされていますよね。

ノンシリコンシャンプーは、頭皮や髪にとても良いというイメージがありますが、すべてのノンシリコンシャンプーが良いわけではないので、適当に選ぶのはNG!

特に、配合されている成分をしっかりと見極められない人の場合、より慎重に選ぶ必要があるんです。適当にネームバリューや値段で選んでしまうと、結局シリコンインシャンプーと同じような刺激がありますからね…。

まず、ノンシリコンシャンプーを選ぶ時にチェックしておきたいのが、配合されている洗浄成分です。洗浄成分とは、その名の通り汚れや皮脂を洗ってくれる成分で、シャンプーでは水の次に多く配合されている成分です。

実はこの洗浄成分の刺激の強さや脱脂力の強さでシャンプーの良し悪しはほとんど決まってしまいます。

安すぎるノンシリコンシャンプーは、シリコンが配合されていないだけで、実は洗浄成分がよくないものが多いです。洗浄力が良くないというのは、脱脂力がとても強力で必要以上に皮脂を洗い落としてしまったりするんですね…。これでは頭皮のために良いとはいえません。

また、安すぎるノンシリコンシャンプーで髪を洗うと、キシキシするのを実感されたことがあるかもしれません。これは、ヘアケア成分が少ないからです。キシキシしてしまうと髪の摩擦になるので注意が必要なのです。

ノンシリコンシャンプーを選ぶ場合、これらのポイントをしっかりとチェックしてから選ばないといけないんですね。

しかし、テレビCMや雑誌で「ノンシリコンシャンプーが良い」とアバウトに知った方の多くが、ドラッグストアで売っているシャンプーや、安いシャンプーを使い続けているのが現状です。

しっかりと頭皮ケアを考えて使う場合、今回ご紹介したようなノンシリコンシャンプーをぜひチェックしてみてくださいね。

参考:ノンシリコンシャンプー ランキング

薄毛になってしまったらシャンプーだけでは不十分!育毛剤を使って有効成分を届けてあげることをお忘れなく!

シャンプーにこだわることは、頭皮環境を整えるという観点から考えるととても大切なことです。

しかし、シャンプーを使えば髪の毛が生えてくるのかといえば、残念ながらそんなことはありません。

そもそもシャンプーは何のために使うのかということです。
シャンプーの語源は、マッサージだといわれる通り、頭皮をマッサージして環境を整えるのがシャンプーの働きです。

そのため、日々の頭皮ケアとしてシャンプーを選び、頭皮トラブルが起こらないようにするのが、むしろシャンプーの働きだといえます。

そういった働きがあるので、刺激が強すぎる「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」「オレフィンスルホン酸Na」などの刺激が強い成分が配合されたシャンプーはNGなわけです。

ただし、注意しておかなければいけないこととして、シャンプーをしていても薄毛にはなってしまうということ。
どういうことかといえば、しっかりとシャンプーすることで頭皮の汚れをおとして健康的な環境をサポートすることはできます。

しかし、男性の場合、思春期を過ぎたあたりから体内で男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが生成されてしまいます。
DHTと毛根部にあるレセプターが引っ付いてしまうと脱毛を引き起こすシグナルを発するようになり、薄毛になってしまうのです。

とはいえ、いきなり薄毛になるわけではありません。
髪の毛のヘアサイクルが乱れていき、はじめは抜け毛が増えていきます。
健康的な場合、長くて太い髪の毛が抜けるのですが、この場合、まだ短かったり細い毛が抜けるのが一般的です。

これは、脱毛シグナルによってヘアサイクルが乱れてしまっているからにほかありません。

そして、このよに短くて細い毛が抜けるのが徐々に増えていきます。
それと同時に、頭皮には細くて短い毛が増えていくのです。
これは、十分に成長する前の段階の毛が増えているわけですね。

そしてこれがどんどん前頭部や頭頂部から進行してしまうのです。

放置していると、M字に剃りこみが深くなってしまったり、てっぺんハゲになるのです。

まだ毛根が活動している場合、良く頭を見ると産毛のような毛がたくさん生えています。
これは、ヘアサイクルが乱れてしまって成長できない髪なのです。

このようになってしまうと、いくら日々のシャンプーケアを丁寧に行ってもあまり期待できません。
もちろん、頭皮の汚れを落として、うるおい保湿するという点では、十分必要なことです。
しかし、育毛という観点からみると不充分なんですね。

そこで、薄毛になってしまったら育毛剤を使う必要があります。
育毛剤には、有効成分として「センブリエキス」などの成分が配合されています。

有効成分をしっかりと届けることで、育毛促進・薄毛・抜け毛の予防などの効果・効能が期待できます。

つまり、薄毛になってしまった場合、シャンプーに加えて育毛剤を使った対策を忘れてはいけないということなのです。
育毛剤については、あまりにも商品が多くなっているので、ランキングサイトなどを参考にすると良いでしょう。

育毛剤のランキングサイト→http://www.rwgenetex.com/

秋は抜け毛が増えやすい季節!夏のダメージをため込まないために必要なこととは

秋口になると抜け毛が急に増え始める方が多いです。
これは、夏に受けたダメージの影響が出始めることで髪が抜けてしまうんですね。

夏になると、紫外線やエアコンの刺激を受けることが多く、髪の毛にとっては良くない環境です。
夏の間は大丈夫でも季節が変わって落ち着き始めたころに髪の毛は抜けてくるんですね。

抜け毛が増え始めて焦ってシャンプーを変えたり育毛剤を使い始める人がとても多いんです。
でも、できれば夏の間にしっかりとケアしておくことで抜け毛を抑えることがd斬るんですよ。

では、具体的にどうするのかということですが、とても簡単です。
まず、外出するときはできるだけ帽子を着用すること。

帽子を着用するだけで髪の毛が浴びる紫外線の量は減らすことができますよ。
また、シャンプーを刺激の強いものから低刺激のアミノ酸系に変えること。
こうすることで、必要以上に皮脂を洗い落とす心配がなく頭皮にもとっても優しいです。

夏場は皮脂の分泌が増えるため、どうしてもシャンプーをゴシゴシしてしまいがちですが、これも洗い方を少し変えてあくまでも優しくマッサージするようにしてみましょう。

このように、ちょっとした工夫で夏の髪のダメージを減らすことができます。
面倒だと感じるかもしれませんが、毎日継続することで秋口の抜け毛を落ち着かせることができるので、ぜひ実践してみてください。

シャンプーの使い方をご存知ですか!?適当にゴシゴシするのはNG!シャンプーの正しい使い方

シャンプーの使い方をしっかりと知っている人って意外と少ないですよね。
まーシャンプーなんて、親や大人・友達がやっているのを見よう見まねでやるので、教えてもらうという経験はほとんどないかと思います。

で、シャンプーを適当にゴシゴシしているのとしっかりとやるのでは、その仕上がりが全然違うんですね。
美容院でシャンプーしてもらうととっても気持ち良くて、汚れがスーッと落ちているように感じませんか?
あれは、正しい方法でシャンプーをされているので汚れも落ちていますし、何より気持ち良いんですね。
もちろん、適当なシャンプーをする人がいるのかもしれませんが…

で、適当にシャンプーをゴシゴシしていると、実は生えたての髪の毛が抜け落ちやすくなるリスクもあります。
また、爪を立てたりなんかすると頭皮が剥がれたりして頭皮環境を悪化させる原因にもなっています。

なので、シャンプーをするときは指の先で優しくマッサージするように洗うことが大切!
シャンプーの語源って実はマッサージって意味らしいですよ。
洗うのではなく、マッサージするようにすることが大切だということです。

意外と知らない人が多いですが、指の先で優しく洗うことでしっかりと汚れを落としつつ頭皮にも優しくシャンプーできるんですね。

【あなたのシャンプー大丈夫!?】シャンプー選びの基準は洗浄成分にあり!

シャンプーって意外と適当に選んだりしがちですよね。
香りが良いのを選んだり、ボトルのデザインが可愛いのを選んだり、テレビCMしているのを選んだり…

男性の場合だと、やはりテレビCMしていて「育毛」「抜け毛」などのフレーズで販売されているのを買う傾向にあるみたいですね。

でも、そういった適当なシャンプーの選び方は絶対だめです!
シャンプーで、化粧品の中でも毎日使うとても重要なもの。

頭皮は顔と同じようにとっても素直なので、粗悪な成分が入っていたり、頭皮に合わない成分が入っていたり、痒みが出たりフケが出たりしっかりとあらわしてくれるんですね。
特に、現在進行形で抜け毛や薄毛が気になっている方は、シャンプー選びを慎重にしておいた方が良いですよ。

じゃ、具体的にどのようにシャンプーを選ぶと良いのか?という話ですが、一番おすすめなのは、成分をしっかりと確認するということです。

シャンプーの成分ってカタカナや英語が多くて、何が何だかわからない…という人も多いですね。
でも今は、インターネットという便利なツールがあるんですから、わからなければ調べればOK!

また、最近では育毛剤や育毛シャンプーの商品ごとに具体的にどのような成分が入っているのかを詳しく解説してくれていたりします。
なので成分一つ一つを確認するのが面倒な場合、そういったサイトを参考に選ぶと良いですね。

で、成分の中でも一番チェックしておきたいのが、洗浄成分と呼ばれる成分です。
洗浄成分は、シャンプーの中では水の次に配合量が多いのでとっても影響力のある成分なんです。

安いシャンプーの場合、台所洗剤にも使われているような成分が入っていることもあるんです。
ね?!こうやって見ると、いかにシャンプーの選び方が大切かということがわかりますよね。

では、もっと具体的にお伝えしていきますね。

洗浄成分っていうのは、「硫酸系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3種類あるんです。

安いシャンプーのほとんどは「硫酸系」「石鹸系」と呼ばれれる成分が入っているんですが、この成分はNG!
頭皮への刺激や負担がとっても強いので、頭皮環境を悪化させる原因になっちゃいます。

なので、選ぶなら「アミノ酸系」の洗浄成分を選ぶことが大切。
アミノ酸系の洗浄成分は、とっても低刺激なので使いやすく安心ですよ。

まーアミノ酸系の洗浄成分といっても種類がたくさんあるので、アミノ酸系シャンプーを中心にいろいろと調べる必要があるんですけどね。
でも、今までスーパーなどで安いシャンプーを買っていた人は、とりあえずアミノ酸系シャンプーに変えるだけでも違いを実感できると思いますよ。